心理学って何?心理学でわかることとは?気になる本心を探る

心理学とは何か?心理の働き方や関連を解明していくのが心理学です。心理学を学んで、気になる人の仕草や行動から本心を探ってみましょう!

 

 

心理学とは

 

心理学とは、人間の心を科学の視点から研究された学問のことです。【心理学】を意味する「Psychology(サイコロジー)」という言葉は、1590年に発表された論文の題名に使われたのが最初と言われています。

 

その論文を発表したのが、「ルドルフ・ゴクレニウス」というドイツの哲学者です。心理学は、psycho(心)とlogy(学)という言葉が意味するように、論理的に研究され科学的に解明することを目的とした学問です。

 

なぜか無意識にやってしまう行動って、あなた自身でも「なぜ、あんなことをしてしまうのだろう・・・?」と、よくわからないものです。それって、心の奥底にあるあなた自身では意識されていない心の働きによるものです。

 

心理学は、実験や観察、面談、病理学など、いろいろな角度、切り口、観点から実証を重ねることで、あなたや気になる人の心理の謎を解明してくれます。

 

人の心理って、直接目で確かめることができませんよね。でも、心理学の知識を使えば、人間の心理が引き起こしている物事の謎を解明することができるのです。

 

心理の働き方や関連を解明するのが心理学

 

人間の心理というのは、どんなところにも働いていて、人間が行動する限り、どのようなシーンやシチュエーションでも心理は働いているんです。

 

例えばあなたが、「今日の夜は友人と美味しいと評判のイタリアンのお店に行きたいな」という欲求があったとします。そのレストランに行こうというのは、「美味しいものを食べたい」というのが行動の動機になります。

 

そして実際にそのレストランに行き、美味しいものを食べることが出来れば、満足を得られます。でも、そのお店の終わる時間が早くて、美味しいものを食べることができなかった場合はどうでしょうか?

 

あなたの欲求は満たされず、それによって生じる葛藤があります。そして、食べることができなかった経験による学習から「明日、もっと早い時間に来て食べたい」という心理になるのです。

 

こういったシーンやシチュエーションごとの心理の働き方、関連のしかたを研究し、解明できる心理学を学ぶことができれば、あなたが気になっているあの人の本心も、探れるようになるかもしれませんよ。

 

アリストテレスの心理学

 

昔から心理学は、哲学者や医学者など、賢〜い学者さんたちによって研究されてきました。古代ギリシャの哲学者アリストテレスは、心を生命が活動するための原理としていました。

 

アリストテレスは「心の活動は、身体を通して現れ、人間だけでなく、動物や植物にも心は存在している」と考え、「精神こそ研究意義の最も高いものである」という有名な言葉を残しています。

 

また、古代ギリシャの哲学者プラトンが「心の働きは、もともと人間に備わっている(生得説)」という考えに対して、アリストテレスは、心を「生物の原理である」「何も文字の書かれていない書板」という考えをしていました。

 

アリストテレスは著作「心とは何か」でも、今現在の心理学と共通するテーマを記しているんですよ。すでにそんな昔々から心理学を研究がされていたなんて、すごいですよね。

ページの先頭へ戻る